ライブスター証券を使ってみた。クチコミや評判

ライブスター証券が2カ月手数料無料のキャンペーンをやっていたので使ってみての感想を書いています。

私自身の感想とインターネット上のクチコミや評判も踏まえて記載しています。

ライブスター証券で株や日経先物、FXなど取引を始めようと考えている方に読んでもらいたいです。

まずは2カ月手数料無料の恩恵を受ける。その後使えるか。

何はともあれライブスター証券は2カ月間、手数料が無料になります。

株や日経先物でデイトレをしている人にはかなり大きいのではないでしょうか。

スキャルピングは慣れているツールでないと厳しいと思いますのでこのキャンペーンを活かせない気がします。

キャンペーンの対象は株式の現物取引と日経225先物関連でFXは対象外です。

キャンペーンだけでもいいですが、口座開設には手間がかかるので今後使っていく価値があるのかどうかです。

今後ライブスター証券を使うかの線引きは取引回数が多いかどうかになります。

取引回数が少ないとGMOクリック証券の株主優待で手数料を一定金額返金してもらえるので、GMOクリック証券を利用するのがおすすめです。

ライブスターの手数料は最安。特に日経225先物は良い

取引回数が多いと手数料の合計金額が大きくなるので少しでも安いほうがいいはず。

その点ライブスター証券の手数料は最安値になっています。

他のクチコミ記事でも手数料が安いと評判でした。

株式現物10万円50万円
ライブスター証券88円198円
GMOクリック証券96円265円
SBI証券99円275円

日経225先物の取引ならライブスター証券がお得

ライブスター証券のホームページで日経225先物・オプション手数料比較をしています。

下の表はライブスター証券のホームページから引用しています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2020-05-28-2-1024x430.png です

日経225先物はミニについても最安値です。

特にオプション取引の金額差は大きいです。最低手数料が200円程度がほとんどでライブスター証券はその半額になります。

オプションの取引の仕方にもよりますが、取引手法と合致する場合は利用価値ありです。

デメリットとしては使い勝手がよくない

これはしょうがないのか明らかに他の証券会社より使い勝手が良くないです。

ログイン画面から下のように株式と先物OPと分けられています

webで株式と先物を取引する場合はログインをしなおさなければなりません。

そして先物OPでログインすると取引履歴を見ることができなかったりします。

日経225先物の取引履歴でも株式のほうにログインしないと見れないという不自由さもあります。

取引ツールを使えば現物と日経先物の取引はしやすくなりますが、個人的には使いづらく慣れているものを使っていました。

ライブスター証券は手数料は安いですが、上手く割り切って使う必要があります。